So-net無料ブログ作成
検索選択
文芸埼玉と埼玉文芸賞 ブログトップ
前の10件 | -

「文芸埼玉」第92号掲載作品募集のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

bungei92_01.jpg

「文芸埼玉」第92号の掲載作品を募集しています。
多くの皆様のご応募をお待ちしております。[モータースポーツ]

概要は下記の通りですが、
詳しくはさいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧いただくか、
募集要項(PDF:約800MB)ダウンロードして御覧ください。

--------------------------------------------------

■募集対象作品

次のA又はBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。

A 自由作品(題材自由)
(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門 原稿用紙30枚以内
(2)詩部門 本文30行以内  (3)短歌部門 10首
(4)俳句部門 10句     (5)川柳部門 10句

B 共通テーマ作品(テーマ「埼玉の季節」)
春夏秋冬いずれの季節でも、また、四季すべてを含むものでもかまいません。
(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門 原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内
(2)詩部門 本文30行以内 (3)短歌部門 5首
(4)俳句部門 5句      (5)川柳部門 5句

同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。
例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募…不可
なお、応募作品は、未発表作品に限ります。

■応募資格
 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成11年4月1日以前に生まれた方)

■応募期限  平成26年7月31日(木)(当日消印有効)

主催 埼玉県教育委員会        
事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係
〒363-0022 桶川市若宮1-5-9
電話 048-789-1515 
nice!(0) 

第45回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

第45回埼玉文芸賞にたくさんの御応募をいただき、ありがとうございました。
埼玉文芸賞4点、同準賞6点、同奨励賞3点について、下記のとおり決定しました。

1 埼玉文芸賞

 【小説・戯曲部門】
  「ハルビンの光の中で」 田中 寛

 【児童文学部門】
  「湯に登る」 宮川 辰也

 【詩部門】
  「からだの夕暮れ」 島田 奈都子

 【短歌部門】
  「青つばき」 宮本 永子

2 埼玉文芸賞準賞

 【文芸評論・エッセイ・伝記部門】
  「『天使の子』のひとりごと」 さとう ようこ
  「お茶淹れまひょ、まだいてくれたらええねん」 七尾 有美

 【俳句部門】
  「雨童子」 関田 誓炎
  「限界集落」 中山 洋子

 【川柳部門】
  「孤独」 千葉 古丘
  「一瞬の孤独」 野邊 富優葉

3 埼玉文芸賞奨励賞

 【小説・戯曲部門】
  「故郷への旅路」 岸 実咲

 【児童文学部門】
  「末の露、本の雫」 紅野 由利

 【川柳部門】
  「我が家にあるもの」 岩井 春樺


選考委員
 【小説・戯曲部門】 北原 立木  髙橋 玄洋  高橋 千劔破
 【文芸評論・エッセイ・伝記部門】 佐藤 健一  傳馬 義澄  野村 路子
 【児童文学部門】 青山 季市  天沼 春樹  金治 直美 
 【詩部門】 北岡 淳子  鈴木 東海子  野村 喜和夫
 【短歌部門】 沖 ななも  杜澤 光一郎  水野 昌雄
 【俳句部門】 猪俣 千代子  落合 水尾  森田 公司
 【川柳部門】 内田 雪彦  相良 敬泉  四分一 周平

        ※氏名は部門別50音順で記載、敬称略

なお、贈呈式を下記のとおり開催します。
式では、賞の贈呈のほか、選考委員から部門別に講評をいただく予定です。

  日   時 平成26年3月22日(土)午後1時30分から
  会   場 さいたま文学館(文学ホール)


詳細については、埼玉県ホームページ内「県政ニュース」の
「第45回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式の開催について」をご覧ください。

受賞、誠におめでとうございます。[プレゼント]
nice!(0) 

「文芸埼玉」第90号記念号刊行のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

文芸埼玉90号.jpg

[晴れ]「文芸埼玉」第90号記念号を刊行いたしました。[ぴかぴか(新しい)]

埼玉県ゆかりの作家の方々に書き下ろしていただいた作品や時評、
また、入選作品(自由テーマ、共通テーマ「埼玉の空」)を掲載しています。

さらに、第90号刊行を記念して、
「私の愛する埼玉の文学」という特集を組み、
埼玉県ゆかりの作家の方々に、埼玉の文学に対する思いを綴っていただきました。

内容については、さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧ください。

編集に御協力くださったみなさま、ありがとうございました。

「文芸埼玉」は、さいたま文学館文学図書室、県政情報センター(県庁衛生会館1階)、
県内の公共図書館等で御覧いただくことができます。

また、さいたま文学館1階ミュージアムショップで販売もしております。
郵送での購入方法については、
さいたま文学館Webサイトの「さいたま文学館の刊行物」を御覧ください。


nice!(0) 

第45回埼玉文芸賞の応募期間のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

45boshuブログ用.jpg


第45回埼玉文芸賞の応募期間は11月30日(土)までです。

第45回埼玉文芸賞の応募受付期間が、残り約1か月となりました。
応募要領は、次の方法で入手できます。

1 県内の公立図書館や公民館等
  (お近くの図書館、公民館にない場合は、次の2~4の方法となります。)
2 郵送による配布(返信用切手を貼った封筒をさいたま文学館にお送りください)
3 さいたま文学館ウェブサイトの「第45回埼玉文芸賞の作品募集」から印刷
4 応募要領のダウンロード(PDF:約1.7MB)

また、今回から高校生等を対象とした奨励賞を設けました。
選考委員の先生方に皆様の作品を直接見ていただく絶好のチャンスです。
この機会にぜひ御応募ください。

お問い合わせ:
〒363-0022 桶川市若宮1-5-9 さいたま文学館内「埼玉文芸賞」係
電話 048-789-1515

nice!(0) 

「文芸埼玉」第90号掲載作品の選考結果について [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

先日行われた「文芸埼玉」選考委員会におきまして、
「文芸埼玉」第90号の入選者が決定いたしました[ぴかぴか(新しい)]
応募総数は380点でした。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
「文芸埼玉」第90号は、12月下旬に発行予定です[かわいい]

入選した方々のお名前(ペンネーム)をお知らせいたします(順不同・敬称略)。

○小説等部門
《自由作品(15名)》
 千木良宣行、上杉洋子、俵宗五郎、水村明日香、山田美咲、さとうまい、川幡啓太、
 代靖子、水月真、寺田裕、田上洋子、渡辺敬子、久保田元子、思水浪、田所なが子

《テーマ作品(1名)》
 高柳文雄


○詩部門
《自由作品(20名)》
 新井良和、井上朝之、植原まつみ、金森孝枝、金子智、河内さち子、こやひろこ、
 小山美千代、沢村俊輔、関根ちな美、髙橋由子、土屋ありす、二宮清隆、葉山美玖、
 原田京子、松村紗希、水野栄子、御園順子、森とよはる、渡辺恵美子

《テーマ作品(4名)》
 金井和光、代靖子、北本俊貴、山原まほし


○短歌部門
《自由作品(30名)》
 市川セン、加藤健司、加藤傳治、亀田陽子、川久保良治、川村憲祐、小泉登代子、
 佐久間仁子、下江ひろ子、樟漓峡、白藤巳玲、新村やすの、鈴木惠子、須田英子、
 関口みさ子、関口光江、高木昭子、髙橋道子、透麻由貴、内藤昌子、中冨貴代、
 中村早苗、萩野谷泰男、長谷川洋子、馬場通男、林康子、堀山徳子、南舘正子、
 宮﨑重子、吉弘藤枝 

《テーマ作品(16名)》
 新井晴世、荒木秀子、石関叡子、石田ミチ、大畠未来、佐藤洋子、関根廣、
 代靖子、竹内田三子、田中駿介、中島春吉、野﨑孝一、保里摩利子、桃木良子、
 森下たみ、諸井凜


○俳句部門
《自由作品(30名)》
 石渡千塚、今西桂子、岩井春樺、内田昇、梅野みち、大手久子、岡田本重、
 小山内里路、小澤紫苑、曷川克、加藤竹紫、小泉恵美子、小林充、佐々木史女、
 鈴木信行、鈴木富美子、高林雅子、田中美智子、寺島とし重、土井光子、時田清、
 中津比路、成木れい子、根岸詩子、馬場友里恵、三保清喜、宮田庄三郎、矢邉敏子、
 山田のぶえ、吉田武夫

《テーマ作品(8名)》
 五十嵐元克、内山登、篠田重好、宮川澄夫、石田ミチ、阿部功、湯本三千代、小島久


○川柳部門
《自由作品(30名)》
 秋山和市、孝一、木崎栄昇、荒井節子、本間四郎、惠心、大野正枝、吉田健声、
 鎌倉八郎、茂木かをる、浅見心象、竹内田三子、金子育司、小高啓司、禎雲、
 島崎穂花、藤森吟二、山崎政登、岡安節子、開坂武、永島信苑、稲森あこ、
 茂木道子、永井麻男、永井栄子、皆川明水、前田良祐、岡野輝男、吉岡繁治、
 山田花菜

《テーマ作品(12名)》
 岡田時雄、上田洋斎、池田かず江、佐藤京子、宮本早苗、なつみかん、関昭彦、
 蛙柳、松岡忠男、岡本恭彦、沼田絹江、長野正義


以上です。

おめでとうございます。[プレゼント]
nice!(0) 

第45回埼玉文芸賞作品募集のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

45boshuブログ用.jpg

第45回埼玉文芸賞の作品を募集いたします。

○対象:県内在住または在勤・在学で15歳以上
○内容:平成25年1月から11月30日までに、創作・発表・刊行された次の作品
  1 小説・戯曲 2 文芸評論・伝記・エッセイ
  3 児童文学 4 詩  5 短歌、
  6 俳句 7 川柳 
 *詳細は、応募要領を確認してください。
○応募期間:平成25年9月3日(火)~平成25年11月30日(土)(消印有効)
○お問い合わせ・応募先:さいたま文学館「埼玉文芸賞」係(電話048-789-1515)

くわしくはチラシ(応募要領)(PDF,約1.7MB)を御覧ください



nice!(0) 

「文芸埼玉」第89号刊行のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

文芸埼玉89号ブログ用.jpg

「文芸埼玉」第89号を刊行しました! [プレゼント]


平成25年3月に発表された「第44回埼玉文芸賞」から、
受賞作品13点及び佳作作品32点を掲載しています。
応募作品370点の中から選ばれた作品です。
受賞作品のうち小説1点、戯曲1点、エッセイ2点、児童文学2点について、全文掲載しています。
(その他の作品は抄録)

また、「さいたま文学館収蔵資料紹介」のページで、
今年1月から3月までさいたま文学館で開催されたテーマ展
『関東大震災と東日本大震災-文学は震災とどう向き合ってきたのか-』で展示された、
関東大震災・東日本大震災を扱ったさいたま文学館収蔵の文学資料を紹介しています。

「文芸埼玉」は、さいたま文学館文学図書室、県政情報センター、県内公共図書館等で御覧いただくことができます。

また、さいたま文学館、県政情報センターで販売しております。

内容や購入方法については、
さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」をご覧ください。

編集にご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

※お知らせが遅くなったことをお詫び申し上げます。
nice!(0) 

「文芸埼玉」第90号掲載作品募集のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

90boshuブログ用.JPG

「文芸埼玉」第90号の掲載作品を募集しています。
多くの皆様のご応募をお待ちしております。[モータースポーツ]

概要は下記の通りですが、
詳しくはさいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧いただくか、
募集要項(PDF:約300MB)をダウンロードして御覧ください。

--------------------------------------------------
■募集対象作品

次のA又はBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。

A 自由作品(題材自由)
(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆等部門 原稿用紙30枚以内
(2)詩部門 本文30行以内 (3)短歌部門 10首
(4)俳句部門 10句      (5)川柳部門 10句

B 共通テーマ作品(テーマ「埼玉の空」)
※季節、天気、時間などによって、空は様々な表情を私たちに見せてくれます。
 埼玉で見る空に思いを馳せた作品をお待ちしております。
(1)小説・随筆等部門 原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内
(2)詩部門 本文30行以内 (3)短歌部門 3首
(4)俳句部門 3句        (5)川柳部門 3句

同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。
 例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募…不可
なお、応募作品は未発表の作品に限ります。

■応募資格
県内在住又は在勤、在学の方
(ただし、平成10年4月1日以前に生まれた方)

■応募期限  平成25年7月31日(水)(当日消印有効)

主催 埼玉県教育委員会
事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係
〒363-0022 桶川市若宮1-5-9
電話 048-789-1515
nice!(0) 

第44回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式のお知らせ [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

「第44回埼玉文芸賞」には、本当にたくさんのご応募、誠にありがとうございました。
埼玉文芸賞1点、同準賞12点が下記のとおり決定いたしました。

埼玉文芸賞
【詩部門】
  『蝉坂』 植村 秋江 

同準賞
【小説・戯曲部門】
 「麻痺」 冬埜 雪  「幻想夜話 墨堤」 辻村 仁志 

【文芸評論・エッセイ・伝記部門】
 「茶摘みのころ」 德重 総章  「百日紅」 山田 暢子

【児童文学部門】
 「さいしょはグー」 この ふみか  「夢列車」 長岡 誠一

【短歌部門】
 「風寒し」 宮本 清  「ひとすぢ」 若谷 政夫 

【俳句部門】
 『二重虹』 安養寺 美人  「谷川岳山麓にて」 粉川 伊賀

【川柳部門】
 「残り火」 岡野 輝男  「心垢」 岡安 節子

        ※「 」は原稿・雑誌掲載作品、『 』は単行本

選考委員
【小説・戯曲部門】 北原立木  髙橋玄洋  高橋千劔破
【評論・エッセイ・伝記部門】 佐藤健一  傳馬義澄  野村路子
【児童文学部門】 青山季市  天沼春樹  金治直美 
【詩部門】 木坂 涼  北岡淳子  野村喜和夫
【短歌部門】 沖ななも  杜澤光一郎  水野昌雄
【俳句部門】 猪俣千代子  落合水尾  森田公司
【川柳部門】 内田雪彦  相良敬泉  四分一周平

        ※氏名は部門別50音順で記載、敬称略

贈呈式の開催
 第44回埼玉文芸賞贈呈式を下記のとおり開催します。
 贈呈式では賞の贈呈のほか、選考委員から部門別に講評をいただく予定です。
  
  日時 平成25年3月20日(水・祝) 午後1時30分より
  会場 さいたま文学館 文学ホール

詳細については、埼玉県ホームページ内「県政ニュース」の
「第44回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式の開催について」をご覧ください。

受賞、誠におめでとうございます。
nice!(1) 

「文芸埼玉」第88号を刊行しました [文芸埼玉と埼玉文芸賞]

文芸埼玉第88号.jpg

[晴れ]「文芸埼玉」第88号を刊行いたしました。[ぴかぴか(新しい)]

全国的に活躍されている埼玉県ゆかりの作家の方々に書き下ろしていただいた作品や時評、
また、入選作品(自由テーマ、共通テーマ「埼玉の技」)を掲載しています

さらに、「さいたま文学館収蔵資料紹介」では、
久喜市ゆかりの文学者、中島敦を紹介しています。

内容については、さいたま文学館Webサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」をご覧ください。

編集にご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

「文芸埼玉」は、さいたま文学館文学図書室、県政情報センター(県庁第2庁舎1階)、
県内の公共図書館等で御覧いただくことができます。

また、さいたま文学館でも販売しております。
購入方法については、
さいたま文学館Webサイトの「さいたま文学館の刊行物」をご覧ください。


nice!(0) 
前の10件 | - 文芸埼玉と埼玉文芸賞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。