So-net無料ブログ作成
そのほかのイベント ブログトップ
- | 次の10件

文学団体発表会のお知らせ [そのほかのイベント]

今年も文学団体発表会を11月15日に実施いたします

参加する団体や内容を載せたチラシも出来上がりました。

館内ラックにございますのでどうぞお取りください。
発表会への参加は無料[ぴかぴか(新しい)]
申込は必要ありません。
直接御来館ください[exclamation][exclamation]

くわしくは、チラシをごらんくださいね!!
happyoukai238.jpg
チラシのダウンロード(PDF,1.6MB)

nice!(0) 
共通テーマ:

ふれてみよう能の世界 [そのほかのイベント]

ふれてみよう能の世界(10月11日、11月15日、12月20日の各土曜日)

この秋、「ふれてみよう能の世界」と題して、能を実体験するワークショップを下記のとおり行います。来春、「新春 能・狂言鑑賞会」で敦盛を演じる梅若泰志さんが実際に教えてくださいます。各回500円。1回だけの参加もできます。
 あなたも、謡をうたい、能を舞ってみましょう。
 来春、1月17日(土)は、700席の桶川市民ホールで「新春 能・狂言鑑賞会」。さいたま文学館が企画展「よみがえる歴史ヒーローの伝説 」で取り上げた「敦盛」を梅若さんが演じます。詳細は、チラシをご覧ください。
 なお、この事業は桶川市能楽鑑賞会、桶川市民ホールとの共催事業です。

                記
ワークショップ「ふれてみよう能の世界」 について
(1)日にち
10月11日(土)能の歴史と能の音楽 ~謡をうたってみよう~
11月15日(土)能舞台と能の演技 ~舞ってみよう~
12月20日(土)敦盛と直実 ~敦盛の見どころ~
  ※ 1回だけの受講申込みもできます。
(2)時 間 14:00~15:30
(3)場 所 桶川市民ホール(桶川駅西口徒歩5分)プチホール
(3)受講料 各回500円
  ※ 「能・狂言鑑賞会」のチケットを購入された方は無料で受講できます。  
(4)募集人員 各回50名
(5)申込み 問合せ 桶川市民ホール 048-789-1113 <9月10日受付開始>

チケット販売予告; 新春 能・狂言鑑賞会「敦盛」について
日時 平成21年1月17日(土)14時開演(13時30分開場)
場所 桶川市民ホール
 出演 能楽師 梅若泰志
演目 能「敦盛」
全席指定 S席 4,500円 A席 3,500円
チケット販売 平成20年10月2日から 
        桶川市民ホール1階総合受付カウンター(048-789-1513)


くわしくは、チラシをごらんください。
nou.jpg
チラシのダウンロード(PDF,0.7MB)
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

ピーターラビットとベンジャミンバニーがやってきました! [そのほかのイベント]

ピーターラビットの誕生日は9月4日[かわいい]
おとといお誕生日をむかえました。

お誕生日をおいわいするため、さいたま文学館へピーターラビットといとこのベンジャミンバニーがやってきました[ぴかぴか(新しい)]

みんなでうさぎになってまっていると
ブログ1.JPG

ついに[exclamation×2]
やってきました
usagi1.jpg

みんなで記念撮影
イメージ 1.jpg

にぎやかにお誕生日会ができました。

[かわいい]きてくださったみなさま、ありがとうございました。[かわいい]

テーマ展「石井桃子とピーターラビット ー海外の児童文学を子どもたちへー」は、9月7日(日)明日までです。
ぜひ、いらしてください。
nice!(0) 
共通テーマ:

明日、来ます!! 誰が来るのかというと・・・ [そのほかのイベント]

ピーターラビットが遊びに来ました[かわいい][かわいい]

「明日は、写真撮影なんだよ[るんるん][るんるん]」と

事務室に一足先に訪問です[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


pi-ta.jpg


さらにさらに、
ベンジャミンもやってきました[わーい(嬉しい顔)]

ben.jpg


みなさん、 明日11:00と14:00にエントランスでピーターラビットとベンジャミンが待っています[exclamation]
nice!(0) 
共通テーマ:

500円で1日映画漬け「日本の名作映画を楽しむ会」 [そのほかのイベント]

今年も、さいたま文学館では「日本の名作映画を楽しむ会」と題しまして、
映画会を実施いたします。

会場は、複合施設である桶川市民ホールです。
いつもの文学ホールよりさらに大きいスクリーンで日本の名作を御堪能いただけます[ぴかぴか(新しい)]

日時 10月4日(土)
1部 13:00~14:38
2部 15:00~17:10
映画 1部「雁の寺」  原作:水上勉

    2部「にごりえ」 原作:樋口一葉

チケットは、なんと500円。

500円で1日映画漬け!!

チケットは9月5日で完売いたしました。お買い上げありがとうございました!



詳しくはチラシを御覧下さい。
nigorie054.jpg
チラシのダウンロード(PDF,1.2MB)





nice!(1) 
共通テーマ:

無声映画「生まれてはみたけれど」 [そのほかのイベント]

今年も、県立熊谷図書館と共催で無声映画が2月2日(土)に実施されました。

活動弁士は、国内はもとより、海外にも招かれている澤登翠氏です。
映画は、小津安二郎監督の「生まれてはみたけれど」。

上映が始まると、時々会場から笑い声が聞こえることも!
楽しい一時を皆様に過ごしていただけたかと思います。
本当に、みなさん御来場ありがとうございました。


御挨拶をする澤登翠氏

たくさんの方にお申し込みいただき、満員です!



共通テーマ:

文学団体発表会 開催します。 [そのほかのイベント]

今年も、さいたま文学館を御利用いただいている団体合同の発表会を予定しています。
11月10日(土)に、全館発表会の会場となります。
ジャンルは、
詩・児童文学・川柳・エッセイ・歴史文学などです。

さいたま文学館のサークルってどんなことをやっているのかしら?
と思っている方、
何か文学的なことを始めて見たい!
と思っている方、

文化の秋を合同発表会で味わいませんか?
詳細は、下のチラシをご覧下さい。


チラシのダウンロード(PDF,1.1MB)



共通テーマ:

ゆかりの文学者たちの展示解説/10月のラインナップ [そのほかのイベント]

さいたま文学館では、毎週土・日曜日の午後2時半から約30分間、常設展に展示されている文学者の人と作品についてお話しする、ゆかりの文学者たちの展示解説を実施しています。
10月のラインナップは次のとおりです。

 6日(土) 三上於莵吉・前田夕暮・深沢七郎
 7日(日) 田山花袋・長谷川かな女
13日(土) 深沢七郎・三ヶ島葭子・北川千代
14日(日) 中島 敦・加藤楸邨
20日(土) 深沢七郎・宇野信夫
21日(日) 安藤鶴夫・三上於莵吉・岡本 潤
27日(土) 北川千代・武者小路実篤
28日(日) 田山花袋・蔵原伸二郎・永井荷風

この機会にどうぞ御来館ください。
こちらも御覧ください(サポーターによる展示解説の紹介です)
http://www.mmjp.or.jp/saibun/event/supportor2.html

----------------------------------------------
☆「さいたま文学博士CLUB」開始!
サポーターの展示解説を聞いて、文学の知識と、ポイントスタンプを貯めよう。
たくさん貯まれば、文学グッズと交換できます。
(詳しくはサポーターまで)


メンバーズカード 表

メンバーズカード 裏



共通テーマ:

ゆかりの文学者たちの展示解説/9月のラインナップ [そのほかのイベント]

さいたま文学館では、毎週土・日曜日の午後2時半から約30分間、常設展に展示されている文学者の人と作品についてお話しする、ゆかりの文学者たちの展示解説を実施しています。
9月のラインナップは次のとおりです。

 8日(土) 三上於莵吉・打木村治
 9日(日) 加藤楸邨・深沢七郎
15日(土) 武者小路実篤・打木村治
16日(日) 田山花袋・深沢七郎
22日(土) 岡本 潤・打木村治
23日(日) 深沢七郎・前田夕暮
29日(土) 田山花袋・中島 敦・大谷藤子
30日(日) 安藤鶴夫・加藤楸邨

この機会にどうぞ御来館ください。
こちらも御覧ください(サポーターによる展示解説の紹介です)
http://www.mmjp.or.jp/saibun/event/supportor2.html

----------------------------------------------
☆「さいたま文学博士CLUB」開始!
サポーターの展示解説を聞いて、文学の知識と、ポイントスタンプを貯めよう。
たくさん貯まれば、文学グッズと交換できます。
(詳しくはサポーターまで)


メンバーズカード 表

メンバーズカード 裏



共通テーマ:趣味・カルチャー

小津安二郎珠玉作品鑑賞会(映画会)のお知らせ [そのほかのイベント]

「懐かしの小津安二郎の世界」 おかげさまでチケット完売いたしました。

                   当日券は販売いたしませんので、よろしくお願い致します。

                   御協力ありがとうございました。
 世界の巨匠小津安二郎監督の親子の関係を静かに見つめた珠玉作品を2本立てで上映します。原節子の凜とした美しさ、岩下志麻の息をのむ花嫁姿、笠智衆の飄々とした中に深く味のある演技、演技指導の厳しかった小津監督が何も注文をつけなかったという杉村春子の立ち居振る舞い・・・等、見所満載です。700席の桶川市民ホールでゆったりと御鑑賞ください。
 日 時:10月19日(金) 12:30開場
     1回目 「東京物語」  午後1:00~
     2回目 「秋刀魚の味」 午後3:45~
 場 所:桶川市民ホール(桶川市若宮1-5-9 桶川駅西口徒歩5分)
 費 用:500円(2本見ても)
申 込:桶川市民ホール1階 総合受付カウンターにて販売中
     電話048・789・1513 
問合せ:048・789・1515(さいたま文学館)
※チケット購入の方には、さいたま文学館展示室入場整理券を差し上げます。
   


チラシのダウンロード(PDF,1.5MB)



共通テーマ:映画
- | 次の10件 そのほかのイベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。